うまのーと

手芸とバイクとDTMその他のお話をする垂れ流しブログです(馬の話は出てきません)

クロッシェポーチ(かぎ針で丸く編む基本のテクニック)

※2016年12月22日追記
編み図を間違えた箇所がありましたので、数枚画像の差し替えをしています。


どうも(・∀・)ご無沙汰しております!

あれ?FC2ブログの編集画面変わりました?
アイキャッチとか、見出し設定とかできましたっけ?
見出しは作れるけど目次は作れないのか…。
PC版とスマホ版を同じデザインのものを使いたくてレスポンシブテンプレートってのに変えてみました。
↑デザインちょこちょこ変えちゃう系のやーつ

友達とクリスマス会をすることになったのでプレゼントを用意。
かぎ針編みでミニポーチ?きんちゃくですヽ(´∀`)/
(新聞は作品撮影用の包装紙ですw机の上で色んな作業をしているため塗装がはがれてぼろぼろなんでww)

IMG_5601.jpg

缶入りのハンドクリームがすっぽり入って、小龍包みたいな形状になるように現合で編んでみました(‘・ω・´)ドヤァ

IMG_5600.jpg


中に入れたクリームはVECUA Honeyのクリームバーム(去年のやつ)

VECUA Honey

今年はお菓子柄と、ピーターラビット柄があります。
あと、去年まで花はちみつの香りだけだったけど、今年は花はちみつ/りんご/金木犀の3種類に。

クリームバーム
出典:http://www.vecua-honey.com/



クロッシェポーチの編み図




編み図を試しに書いてみたんですが、とんでもないでかいサイズの為FC2ではアップできませんでしたww
↑無課金勢
検索しても「ブログに編み図載せたい」という情報がたいして見つからず…。
自分で作った編み図をブログにきちんと載せるのが野望ではあるのですが…うまいやり方が思いつかない(´・ω・`)

とりあえずTwitterにあげたの載せておきます。
うーん…これちゃんと編み図として読める大きさで表示されるのか?
とりあえずまぁ全体の編み図はtwitterで見ていただくとして…




かぎ針編みで丸く編んでいく基本のやり方を解説していこうと思います(・∀・)
丸型の底面編み図だけならなんとかFC2でも見られるはず…

丸く編む基本 全体図


これの底面は丸く編む増やし目の基本で、各段で6目ずつ増やします。
作品が大きくなってもほぼ無限にサイズを大きくできます。

1段目-輪に6目編みいれ
2段目-各目に細編み2目づつ
3段目-1目細編み、2目
4段目-1目細編み、次の目は2目編みいれ、2目普通に編んで次は2目編みいれ
5段目-3目細編み、2目編みいれ、3目細編み
6段目-2目細編み、次の目は2目編みいれ、4目普通に編んで次は2目編みいれ
7段目-5目細編み、2目編みいれ、5目細編み
8段目-3目細編み、次の目は2目編みいれ、6目普通に編んで次は2目編みいれ

これ最初どういう法則なのかさっぱり分からなくて悶絶してたんですが、
要は一段ごとに2目編みいれる増やし目の間隔が1目づつ伸びてるだけなんです。
だた、ずっと同じところを増やすと増やし目のスジが放射状に残ってしまうのでちょっとずつ分散させているんです(`・ω・´)

ずっと同じところを増やし続けて編んだパターン。↓

かぎ針で丸く編む基本 1-1

私は編みかたが結構緩いので分かりにくいかもですが、
放射状に増やし目のスジが残ってしまっています。あと、丸っていうかちょっと六角形みたいになっています。
これを回避するために増やし目の位置を奇数段と偶数段でずらしていきます。

かぎ針で丸く編む基本 1-2
 

増やし目の法則


色分けすると少し分かりやすいんですが…

1段目-輪に6目編みいれ
2段目-各目に細編み2目づつ
3段目-1目細編み、2目
4段目-1目細編み、次の目は2目編みいれ、2目普通に編んで次は2目編みいれ
5段目-3目細編み、2目編みいれ、3目細編み
6段目-2目細編み、次の目は2目編みいれ、4目普通に編んで次は2目編みいれ
7段目-5目細編み、2目編みいれ、5目細編み
8段目-3目細編み、次の目は2目編みいれ、6目普通に編んで次は2目編みいれ
9段目-7目細編み、2目編みいれ、7目細編み
10段目-4目細編み、次の目は2目編みいれ、8目普通に編んで次は2目編みいれ
11段目-9目細編み、2目編みいれ、9目細編み
8段目-5目細編み、次の目は2目編みいれ、10目普通に編んで次は2目編みいれ

赤文字の行は奇数目ごとに細編み2目編みいれる増やし目
青文字の行は偶数目ごとに細編み2目編みいれる増やし目
になっています。

奇数の段を抜き出してみるとこんな感じです↓
増やし目の間隔が奇数で増えて行ってますね(・∀・)!
紫色のラインが各段の編み始め、編み終わりになります。

丸く編む基本 奇数段


偶数の段だけ抜き出してみると↓こんな感じになります
増やし目の間隔が今度は偶数で増えて行ってるのがお分かり頂けるかと思うのですが…
奇数の段と増やし目の位置をずらすために、編み始めと編み終わりの目の両側に分散させています。(ピンクの部分)


丸く編む基本 偶数段

要は増やし目の位置をずらすだけなので、実は別のところにずらしても問題ありませんf(^-^:)
この基本さえ押さえておけば丸いものならどんなにでかくても対応できるので非常に便利です。
底面が出来上がったらあとは増し目をやめて編んでいけば、勝手に側面が出来上がってきます。

どこまでが目なのかわからない!?


 あと、丸く編むとき私が最初さっぱり分からなかったのが…
「どこの目まで編むのか!?」ということでした。
何度編んでみても目数が合わない。つまづいてたのは
「引き抜き目まで拾って編んでいた」ということでした

通常の細編みの目は足のような部分があります。

かぎ針で丸く編む基本 (2)

この目も足みたいなのがあるので5段目の最後の目です。

かぎ針で丸く編む基本 (3)

5段目を環状に引き抜きでつなぐとき。ここが要注意です。
パッと見、細編みの目に見えるやつがいるのでここに針を入れたくなってしまうのですが、
ここは引き抜きの目です(足みたいなやつがありません)
その隣は立ち上がりの鎖目なんで、さらにその隣に針を入れます。

何個目とかで考えるとだんだん訳が分からなくなるので、足があるかどうかで判別するのが良いです(・∀・)

かぎ針で丸く編む基本 (4)

6段目。立ち上がりの鎖1目を編んだら、5段目を引き抜きでつないだのと同じ場所に針を入れて細編みをします。

かぎ針で丸く編む基本 (5)

これが6段目の1つ目の細編みになります。

かぎ針で丸く編む基本 (6)




 

キレイに編むコツ


 
・増やし目をやめた段(この作品では9段目)は底面の影響を受けて目が広がりやすいです。
そのまま編むと筒状というより鉢のような形状になってきますので、増やし目をやめたあとの段はややきつめに編みます。

きつめに編む


・編み物なので、増やし目をやめても急に「くっ!!」とエッジが立つように立ち上がるわけではありません。
底面は「ちょっと小さいかな…??」くらいのサイズにすると想像してたサイズくらいになります。

底面の大きさ




あ、ちなみに使用した糸はキャンドゥのNEWフラワーガーデンです。

IMG_5646.jpg



追記:アホなワタクシ、やっとどこかの共有ファイルにあげることを思いつきましたwwそうすれば劣化しないで印刷にも耐えうるんです…よね!?
OneDriveで編み図載せてみました(・∀・)…これでいいのかな??
ご利用になりたい方はダウンロードして印刷するなりしてください!PDFが見られない場合はアドビのリーダーか何かを入れて読み込んでください↓OneDriveリンク
onedrive
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment