うまのーと

手芸とバイクとDTMその他のお話をする垂れ流しブログです(馬の話は出てきません)

ジブリ美術館に行ってきました。

先週土曜(2/28)東京三鷹市にあるジブリ美術館に行ってまいりました。

IMG_2697.jpg

ジブリ美術館公式へ

友人が「ジブリ行こうよ!!」と持ちかけてきてくれたのですよ。
私は基本的にものぐさなんで、自分ひとりで行こうとかあんまり思わない性質なんで(笑)
高校の時の友人4人で行ってきました。
全員もれなくジブリ好きだし。
いやジブリ作品大嫌いって人もそんないなさそうですけどね!?

ちなみにわたくし、作品ではナウシカが一番好きです。
んでクシャナ殿下がジブリキャラの中で一番好きかも。

(あ、一応「風の谷のナウシカ」はジブリ作品ではないらしいですね。
ジブリが設立される前の作品だからだそうな!)
まぁナウシカの話は後にします。

ジブリ美術館、さすがに美術館だけあって館内は撮影禁止です。
建物の外と、レストランで出てくる飯は撮影していいと教えられたのでそこだけ撮ってきました。
ちなみに入場チケットはフィルム?映画の一コマが写ってるのがもらえます。
私は「魔女の宅急便」よりニシンパイのばあちゃん(名前あんのかな?)でした。
ちょっとフォトストリームが不調で写真ないっす。
やっと同期された模様(^_^;)やっぱwindowsとは相性良くないんすかね…?
ピンボケですんません。
IMG_2799.jpg

友人3人はナウシカ、ポニョ、アリエッティでした。

館内は迷路みたいであっちへ行ったりこっちへ行ったり
「迷子になろうよ、いっしょに」
ってキャッチフレーズかと思ってましたが、
比喩的な意味でなくホントに迷路でした。
あとね、大人だとけっこう屈んで通らないといけないところがあったりして、
私でっかいタンコブこさえてきました。

館内にミニ映画館があって、月替わりで短編の映画を見ることができます。
2月は「コロの大さんぽ」でした。犬好きな人は泣いちゃうかも。

3月は「ちゅうずもう」
4月は「やどさがし」
5月は「めいとこねこバス」だそうです。

IMG_2682.jpg

外。わお逆光。
外にいると携帯の画面て見えなくないすか?

IMG_2681.jpg

友人A。ジブリ通。
この子が案内役を務めてくれました。
ありがとな!

IMG_2683.jpg

でっかいトトロが!!

IMG_2688.jpg

キキの実家みたいな壁(ツタが這ってるという意味で)
あ、ここには写ってないですけど、まじ大混雑。
ここって飛び込みでは入れなくって予約制なんすよ。
ローソンのロッピーで購入するんですけど(やってもらったんだけど)
土曜日ってのもあってかスンゴイ人がいました。
子供連れ、海外の方、そして恐ろしいほどのカップル率。
一人で行ったらもう「目がァァ!!目がァァァっ!!」ってなりますよもう。

IMG_2690.jpg

カフェ麦わら帽子。
なんかさ、黄色みがかった赤とかピンクとかあと緑たくさんあるとジブリっぽくないですか?
メニューはここで確認できます

IMG_2691.jpg

くるみパンのサーモンサンド

IMG_2693.jpg

ミートソースの牛ぎゅっとパスタ
私すごい好き嫌いが多くてですね、
これしか食えるもんなくてこれにしたんですけど、これもんのすごい肉味です。
食い切れなかった…。
なんかハツ?とか入ってるとか書いてありましたね。
ラピュタのパンとか、
カリオストロのパスタとか、
豚になっちゃう料理とか、
塩おにぎりとか、
チコの実とか食えるとこかと思ってました。

IMG_2695.jpg

せっかくなんでデザートも。
ネズミの王さまのぜいたくチーズケーキ(手前)
ふわふわミルク入りコーヒー(なんとかアートのあるやつ)
ほんのりココアのくるみラテ(奥2つ)
野っぱらのクリームソーダ(一番奥)

でね、このクリームソーダ緑じゃなくて青なんですよ。
なんで青?と思ったらイケメン店員さんが説明してくれました。
「野原に寝転がったときに見える青空をイメージしています」
だそうですよ。
あ、あとね、このストロー本当にstraw(ワラ)で出来てます。

IMG_2700.jpg

えーと、「読める!読めるぞ!!」の石。
(すいません実はラピュタしっかり見たことなくて)

IMG_2699.jpg

実は友人Aのネイル、飛行石。
 
IMG_2701.jpg

反対の手はナウシカ。
土鬼のばあちゃんがくれる服の柄。
器用じゃのう。

展示物はアニメの動く原理だとか、セル画の概念を分かりやすく展示したもの、
構想段階のスケッチ(アートブックなんかに収録されているものもあります)、
「くるみ割り人形」の宮崎監督解釈の世界とか、
男鹿さんの背景展示…などなど!
生セル画(だと思う)や、男鹿さんの超美麗な背景画が
触れられるほど近くで鑑賞できるのですよ(゜∀゜)
あのね、男鹿さんのブロッコリーみたいにもさもさした森とかの表現が凄い好きなんす。
セル画とかの概念って、フォトショとかでレイヤを扱っていれば分かりやすいんですけど、
ただのアニメ好きにはちょっと近寄りがたい感じしますもんね!?
ジブリでも今はデジタル作画になっていると聞いてますが。
もう一回行ってみたいっす。

そういえば、アニメ版のナウシカって「純潔、高潔、慈愛」みたいな女の子じゃないすか?
原作版のナウシカって結構残酷というか、もう神の領域に達してるというか…。
わたくし初めて漫画版読んだとき衝撃受けましたもの。
アニメ版で語られるのは漫画版7巻のうち2巻ぐらいまでのお話。
そっから先は設定が覆るくらいのストーリーになってます。
あとね、戦争のシーンが多い。結構残酷描写わんさかです。
ベルセルクとか読めれば大丈夫ですけど。
だがそれがかっこいい!

ほいで、アニメ版のナウシカって最初から最後まで巨乳じゃないですか?
ボインボイン!

f322edcf.jpg

あれは城に仕えているじいさんやばあさんが亡くなるときに、
優しく抱きとめるためにでっかい胸なんだそうですよ。

原作の最後の方にお風呂に入るシーンがあるんですが、
おっぱいがちいさくなってるんですよ。

IMG_2800.jpg

↑これね。

これについてどこの記事で読んだかさっぱり忘れてしまったんですが、
ナウシカの読解をしているサイトかなんかで、
「序盤までの母性を捨てて、神格化されるため胸が小さくなったのではないか」
みたいなのを拝見して「ほおおお…(゜o゜)」と納得したことがあります。
そのかわりなのか何なのか、クシャナ殿下が柔和になっていってる気も…。

クシャナ殿下、アニメ版だとなんだか王蟲の巣でビビってたり、
たいして名将っぽくなくてそんなに魅力的ではないんですが、
漫画版クシャナ殿下はかっこいいっすよ!!
冷酷そうで、でも部下思いで、漢(おとこ)らしい魅力的な人物です。

ダウンロード (2)

↑アニメ版クシャナ殿下

n2010031901.jpg

↑原作版クシャナ殿下

読んでない方は是非。クシャナ殿下のイメージが360度
…あ違った180度変わりますよ(^_^)

アニメ版では全く触れられていないクシャナの生い立ちなんかも結構壮絶です。
あ、原作はクシャナの肢体損傷はないですよ。
そのほかん所が結構グロいですけど。



関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment